« 通勤時間はネットサーフィンの時間 | トップページ | ケーキが倒れると悲しい »

メディアの特性を理解しよう

「夜中にメールを送ってくるなんて、非常識だ!」なんて発言を見ると、「はぁ?馬鹿かぁ?」と思ってしまう。

電話じゃないんだからさ。
直接会う-電話する-メールするって行為を比較すると、

直接会う
時間と場所を共有する
電話する
場所は共有しない。時間を共有する。
メールする
時間も場所も共有しない。
と、コミュニケーションの際の制約事項に違いがある。
メールの一番の利点は、「時を越える」こと。それを否定するのであれば、わざわざメールにする必要はない。素直に電話すればよい。

もう1つ。メールの受信は自分がコントロール可能な行為である。夜中にメールの着信音が気になるのであれば、マナーモードにするなり携帯の電源を切っておくなりすればよい。自分でできることをやらないで勝手にルールを作り、相手にそれを要求するっていうのは、おかしな話だ。

新しい手段はこれまでにない利点がどこかにあるわけで、その利点を考えずに今までのルールを押し付けようとするのは、「時代遅れ」。度が過ぎると見苦しい。


ブログネタ: 携帯メール、何時までならOK?参加数拍手

|

« 通勤時間はネットサーフィンの時間 | トップページ | ケーキが倒れると悲しい »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/225193/47992031

この記事へのトラックバック一覧です: メディアの特性を理解しよう:

« 通勤時間はネットサーフィンの時間 | トップページ | ケーキが倒れると悲しい »